公開物件数・・・61 件 本日の更新件数・・・201 件 会員物件数・・・3934 件

お気軽にお問い合わせください。0120-309-939 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)
お気軽にお問い合わせください。 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)

スタッフブログ

台風の影響

テーマ:

2019.10.17

10月も半ばを過ぎ、少しづつ涼しくなってきましたね。やっと最近秋らしくなってきたかなと感じるようになりました。
さて、皆さんは先日の台風の影響はどうでしたでしょうか?
賃貸にお住まいの人はあまり影響が無かったかと思いますが、
一戸建てを所有している人は少なからず何か影響があったと語る人もいらっしゃいます。
特に半地下の家、玄関が道路面よりも下がっている家は床上浸水をしたという家もございます。
ではなぜ一階を道路面よりも下げて設計されているのか、皆さんはご存知でしょうか?
それは3階建ての家に多く見られることですが、家を建てる際、道路斜線・北側斜線などのさまざまな複合規制がございます。
これらの斜線の中で家を建てなければいけません。因みに’絶対高さ’やエリアによっては’隣地斜線制限’など他にも色々な規制がございます。
そうするとどうしても三階のお部屋の屋根が斜めになってしまい、圧迫感のある使いづらいお部屋になってしまいます。
これを防ぐために一階の床を下げて、三階の斜線を少しでも緩やかにする工夫をしているのです。
設計の技ですが、その副作用が今回のような水の影響です。
玄関に入るとき何気に階段2段下がっている家がございます。特に気にしなければそのままやり過ごしてしまいますが、
後々台風の時にえらい目にあったりするわけです。
そういった言われなければ気づけないような点についても弊社では先に助言し、’お勧めしない理由をしっかりお伝えいたします。
一生に一度の買い物、絶対に公開しないチョイスをしたいですよね。
そんな時はエルブリッジにお問合せ下さい!!

PAGE TOPPAGE TOP