公開物件数・・・69 件 本日の更新件数・・・211 件 会員物件数・・・4445 件

お気軽にお問い合わせください。0120-309-939 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)
お気軽にお問い合わせください。 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)

スタッフブログ

最新技術と今後

テーマ:

2020.09.13

最近少し暑さも和らぎ、一時の35度以上という気温も無くなってきましたね。
しかし30度で今日は楽だなと感じるのは、自分が子どもの時からするとおかしな感覚です。

さて、その暑さというか熱を貯めておける物質をパナソニックと東大が共同研究しています。
これは一度その物質を65度以上に温めると、構造上熱を逃がしづらく、いつまで経っても冷めにくいという金属のようなものです。
幾ら冷やしても熱は下がりませんが、衝撃を与えると物質構造が変化し熱が下がるそうです。
また温めれば同じように衝撃を与えるまでは蓄熱しているそうです。
難しいことはわからなくてもこれは色々応用できそうです。

家の中でも形を変えてヒーターのような役割として使えたり、車でもその熱を利用してエネルギーに変換できそうですよね。
何と言ってもコスパが良い物質として重宝されそうな感じです。
新しい技術というのは値段が高い、一度手に入れても維持管理コストも高いなどなかなか専門分野でしか使われない
イメージですが、これなら身近な素材や商品として手に入りやすそうです。
ドラえもんの道具みたいで面白いですね。

こういう最先端の技術はほとんど日本・アメリカ・ドイツの3国から開発されることが多いそうです。
しかし日本経済がコロナを機に停滞してしまったら、各企業もこういった研究費を削ってしまうかもしれません。
技術立国日本を維持するためにも早く経済を日常に戻さなければいけませんね。

今のところ住宅の売れ行きは他業種に比べれば影響は少ないですが、日本全体が良くならなければ直ぐに不動産業も悪くなるでしょう。
どの業種にも言えることなので、暗いニュースにおどらされず、国民一丸となって日本を盛り上げていきたいですね。

PAGE TOPPAGE TOP