公開物件数・・・64 件 本日の更新件数・・・0 件 会員物件数・・・3068 件

お気軽にお問い合わせください。0120-309-939 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)
お気軽にお問い合わせください。 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)

スタッフブログ

「借地権は食べず嫌い!?」

テーマ:借地権

2016.07.14

ポスター
「借地権は食べず嫌い!?」
皆さま、不動産には色々な権利が存在致します。
その中の土地の権利で、所有権と借地権がよくお聞きするかと思います。
今日は、借地権の事を書いてみます。
借地権の戸建てでよく聞くのが旧法借地(借地法)・新法借地(借地借家法)
です。
家を探されている方は広告で「お!安い新築戸建」と思い見てみると所有権ではなく
借地権なんて事なかったでしょうか!
そうです!借地権の新築は広くて安いんです!!
「でも、土地は借物のでしょ?」そうです!土地は、借地法で守られた借地権という権利を持っているのです。地主さんは、底地権を持っています。
簡単に言うと、1つの所有権の土地に 借地権と底地と2種類の権利が存在するんです。
その土地の中の借地と底地で7対3位 借地権の権利が強く存在しているとされています。
所有権・借地権
借地権を懸念されている方は、地主さんの発言力が強いと思い、「出てってくれ」って言われたら出ないといけないなんて思っていませんか?
先日、弁護士の先生が地主(底地権者)が容易に「出てってくれ」って言っても借地権者を出て行かす事は難しと言っておりました。
地主(借地権者)が借地契約の更新を拒絶する場合には「土地の所有者が自ら土地を使用することを必要とする場合、その他正当な自由」がある場合
とされておりますが、自ら土地を必要とする場合!?そんな事あると思います?昭和のはじめの焼け野原の時代と違います。その土地がなくたって
他で住むことは可能だし、地主だったら他に住む土地も持っている事もあるだろうし、地主にとって更新拒絶なんて容易にでいないと思います。

話が長くなりそうなので、今日はここまでです。 この続きは是非エルブリッジにお問合せ
して聞いて下さい

宜しくお願い致します。

PAGE TOPPAGE TOP