公開物件数・・・84 件 本日の更新件数・・・1 件 会員物件数・・・685 件

お気軽にお問い合わせください。0120-309-939 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)
お気軽にお問い合わせください。 営業時間:9:30~20:30 定休日:水曜日(隔週火曜日)

スタッフブログ

太陽光パネルの再検討

テーマ:

2022.06.04

最近は熱くなり、昼ずっと外にいるとばててしまいますよね。
人にはつらい強い日差しも、使い方によってはエネルギーに変えることが出来ます。
そう、太陽光パネルです。

今東京都知事の小池百合子さんが、今年にも成立させようかという勢いで進めているのが
新築戸建に太陽光パネルの設置を義務付ける条例です。
大手ハウスメーカーから徐々に業界全体へ浸透させていく予定ですが、これまた賛否両論呼びそうです。

一つは建物コストの上昇
当然太陽光パネルの設置費と蓄電池などを合わせると数百万価格が上がります。
家を購入した人だけが受けられる恩恵なので税金の使い道としては不公平だという声もあります。

二つ目はこの太陽光パネルはほとんどが中国で作られているという事。
日本企業が潤い、GDPの底上げに役立つならまだ良いのですが、潤うのは中国企業です。
中国と政治の深い闇もささやかれています。
電気や水などのインフラを他国に握られるのは怖いですね。
中国の国営企業である上海電力が今積極的に日本全国でシェアを拡大しようとしています。
万一戦争にでもなったら日本の電力を全てストップ出来てしまう仕組みを作ろうとしているように思います。

現在電気料金も上がり家庭だけでなく企業もかなり圧迫しています。
これでは今後日本に工場を創ろうという企業は無くなってしまいます。
若者の就職先が無くなり、そのうえ外国人労働者はどんどん受け入れる、何か間違っているように思えてしまいます。

話が逸れましたが、東京のような密集地で小さな住宅が当たり前の都市で、この太陽光パネルがどれほど効果を出すのか。
数十年経ってからのメンテナンスや撤去費用の負担を考えると、エコという名を借りたビジネス、お金儲けの手段に
上手く乗せられているようにしか思えません。

原発は稼働してもしなくても危険性はほぼ変わらないので、再稼働に力を注いだ方がよっぽど国民の為になると思います。
これ以上住宅の価格が上がったら買いたくても一部のお金持ちしか買えなくなってしまいますよね。
弊社では普段の生活費から今後のライフプラン等、ベテランのプランナーが一からご相談にのらせて頂きますので、
お気軽にご連絡下さい。もちろん無料です。

PAGE TOPPAGE TOP